ぶん田のイニシャルB 

アクセスカウンタ

zoom RSS ミシュランの新しいタイヤ ロード5

<<   作成日時 : 2018/05/11 00:15  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

九州ツーリングが決まった頃はメッツラーのロードテック01の9部山のタイヤが装着されてました。
画像

そこへ、新しく出たミシュランのロード5をテストしてくれませんか?
って言う話が舞い込みました。
ロードテック01なら履き慣れているし、性能は折り紙付きだから安心して行ってこれる、楽しめる事も
分かっている。
せっかく九州までツーリングに行くのに、タイヤで失敗して残念なツーリングになるのは嫌だな〜
そんな思いが正直ありました。
近場ならダメなら即交換も出来るけど九州じゃね

履くのを決める前にネットで調べたりしてみました。
まあ極端に裏切るようなタイヤではなさそうだな!と言う事で履く事を決意して、九州ツーリングに
ミシュランロード5を装着して行って来ました。

交換する時のイメージはプロダクションタイヤみたいにしなやかなタイヤだな〜って言う事と
コンパウンドまで柔らかで、本当にこれツーリングタイヤ?って言う事でした。
このコンパウンドじゃ距離は走れそうもないな〜でした。

今回の九州ツーリングは日記にも書いた通り、ありとあらゆる路面状況で走る事が出来て
タイヤのテストとしては最高だったんじゃないでしょうか?

走り出して最初に思ったことは、ハンドリングは常にニュートラル、変な癖はなく安心して走れる。
ロードテック01に比べると、ロードノイズが極端に少ない![ロードテック01の一番の欠点はロードノイズの大きさでしたからここはポイント高いです」
長距離を走ると、案外ロードテック01のロードノイズは気になるんです。。

ドライ、ウエットのグリップレベルはロードテック01と同等。。
スポーツタイヤのレベルに達していると思います。
「私のスピード域では全く不安がない、それほどのグリップです」
ウエットでもドライでも常に安定したグリップ感があり、安心して走る事が出来ました。

ロードテック01も非常に初期旋回がスムースでニュートラルに曲がっていたのですが
ロード5は更にスーっとフロントが向きを変えてくれます。

バンクが安定した状態ではロードテック01と同等の旋回性だと思います。
ただし、ロード5はあらゆるギャップを柔軟に吸収してくれます。
ツーリングタイヤだと、コーナーリング中にギャップを拾った時に跳ねて外にはらんでしまったりするところを
ロード5はタイヤが上手くショックを吸収してくれて安定した走行が可能でした。

また溝が掘ってある路面がありますが、そこでのハンドリングの変化の無さには驚きました。

阿蘇では5℃位の中で走り始めましたが、グリップ感に変化はなし。更に低い時期のグリップの変化は今後のテストになります。 ロードテック01がマイナス3℃の中で走り始めても十分なグリップを得られてましたから
その辺りの比較がどうなのか?気になるところです。

これが出発前、新品のロード5です。
画像


2700q走行後のロード5
画像


減りも少なく、溝のエッジの角が取れていない。。
この調子ならかなり耐久性はありそうです。

あとは減って来た時のグリップレベルとハンドリングの変化が気になるところです。

あらゆる路面を常に安定して楽しく走れる最新のツーリングタイヤ。ロード5

ロードテック01から始まったツーリングタイヤの進化は本当に驚かされます。
お陰様で九州ツーリングは楽しく走ってこれました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミシュランの新しいタイヤ ロード5 ぶん田のイニシャルB /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる