走りの組み立て

俺がどうやって基本的な操作をして組み立てているか、その辺り書きます。
そこから自分の組み立てや考えの違いについて考えてみて下さい。
ここでは凄くわかり辛い文面もあると思いますが簡便です。


①ストレートからブレーキングでターンイン!
この時は最短で速度を落とすのは当然ですが次に来る加速のラインが出来る限り早く大きく開けられるラインを想定して進入。

②ターンインからアクセルON
フルブレーキからターンインに入る時はフロントの過重を抜かない様に、安定させるように
フロントブレーキを少しずつ抜いていく。その段階でリヤの過重は殆どなくなっているので
リヤタイヤがロックしないように気を付けながらかける。
バンキングが終わり定常円旋回に入る寸前、前後かな?
チェーンの加速側のたるみを取る程度にアクセルを開けパーシャルを作る。
「その事でサスペンションは収縮を止めリヤサスは縮む方向にはリジットな状態を作る」

③アクセルONからワイドオープンまで
リヤタイヤに十分な過重が乗る体制を作りながら、フロントタイヤの進行方向にリヤタイヤが
滑って追い付くようなイメージでアクセルを開けたりリヤ過重を抜くように前に過重を少し移動したり
しながら旋回、加速していく。

④フル加速
車体が起きてくるに従いアクセルを開けて来る、加速に伴い体を後に引っ張る様な加速Gが発生する、その力を背骨で吸収しながら、その力をお尻に集中させてシートに押し付けていく。
そして滑るギリギリとフロントが浮くギリギリを感じながら体勢を変えながら
アクセルの開け具合をコントロールしながら加速する。
ここではフロント接地点がフロントのアクスルの位置まで上がる分には
フル加速出来ると思っていいです。それより上がってきたらフロントは捲れて来ます。
そんな状況に行きそうになったらアクセルを少しだけ開けていくのを止めます。
でも戻すのではなく止めるんです。そしてマシンが直立したらフルオープンです。

これが俺の基本パターンです。この基本パターンからライン取りやブレーキングポイント
などなどが決まっていきます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック