行って来ましたツーリング

今回はスクーターと言う事で一人でフラフラと走ってきました。
朝7:30に出発。まずはゆっくりと奥多摩湖を目指します。
奥多摩湖までは20分、早朝という事で車の数も少なくて走り易い!
久々に乗ったスクーターに慣れる様に一つ一つチェックをいれながら走ってました。
湖畔を過ぎて周遊道路入り口の信号で止まった時です、発進しようとした瞬間
いきなり後からビューエルに乗ったお兄ちゃんが俺の前に割り込んできたんです(-_-;)
ちょっとムカっと来ましたね~ でも相手はスクーターだから先に行こう思ったんでしょう
仕方ないので後に付いて走る事にしました「ん~行儀の良い中年ライダーだな~」
でも、でもです少し走っていたら何だか挙動が変なんです、、ヤバイかな?と思った時です
ビューエルは左コーナー入り口でバイクを寝かす事が出来ずに真直ぐ反対側のガードレール
目掛けて行っちゃいます、、、俺のスクーターはビューエルはクロスラインを通るように
走り抜けて立ち上がりました! クロスラインを取る瞬間、俺の目線の片隅で危機一髪
ガードレール手前で止まる事が出来たビューエルに「良かったね!対向車がなくて!」
と心で訴えながら片手を上げて走り去りました(^_^)v
そして丹波山村を通過した所で寒くなったので冬グローブに交換、走り出そうとすると
今度はSV1000!これは良いイ・チ・ゴ(^_^)vと後を付いて行きます!
ん~でもこいつもペースが上がらないな~と思いコーナー立ち上がりでパス!
後は一人旅で柳沢頂上を目指します。途中の温度計は6℃!思ったよりは暖かい。
でも端には雪が残っているので注意しながら走りどうにか頂上に到着。
想像してた通りの素晴らしい富士山が見えました!
暖かいコーヒーも飲んで一休み
画像

次に目指すは大菩薩峠! 柳沢を下って裂石温泉を左折、くねくねと登って行く。
しかし、なんと冬季通行止めと言う事であきらめてUターン
画像

仕方ないのでフルーツラインと言う甲府盆地の山際を走るルートを使い勝沼を目指す。
するとアルプスと甲府盆地の景色の素晴らしい事「ここでもパシャ」
画像


次は笹子トンネルを抜けて大月へ!
大月から今度は松姫峠! ここは車の数も極端に少ない山道なのでカメラ片手に
上る事に「さすがスクーター」
画像
画像


ここからは下って小菅村~奥多摩~そして帰宅のルート!
奥多摩湖畔に着いたのが11:30 湖畔にいるライダーもまだまだ少ない。
それにしても今回のスクーターツーリング、、
何だかバイクに乗っているのにライダーとして見られていないような気分(-_-;)
他のライダーの中には入れないし、どうしても遠くに止めてしまう。
外から見れば最近流行のリターンライダーのオジサンだもんね~(:_;)

そんな気持ちを引きずりながら走っていると何処かで見た事のあるCRFにすれ違う。。
あ~まっき~君だ! プップ~と鳴らす!でも気が付かない。。
仕方ないので追いかけて止めると、「音はしたような?気がしたけど分からなかった!」
だって!やっぱり俺はリターンライダー?

ちょっと話した後、一緒に家へ帰ってきて少し休んでまっきー君は帰途に着きました。

約半日のツーリングだったけどそこそこ楽しい事もあったツーリングでした。
次はDRZでツーリングなのだ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ディー
2006年03月19日 01:43
かわいそ~なビューエルちゃん。ぶん田さんの「見えない」プレッシャーに押しつぶされた…(笑)神様の前に出てバチ当たったんですぅ~
隊長
2006年03月19日 20:10
ZZR-1200を峠でぶち抜き、GSX-R1000やCBR1000RRと一緒にビーナスラインを何気に走る・・・、ステルス戦闘機(音があまり聞こえないので)のようなシルバーウイングを私は知っている。
1ヵ月後には再会できることでしょう。
ぶん田
2006年03月20日 08:36
いや~スクーターはスクーターですよ。
ちっとも曲らないし、飛ばしても面白くありません。
ビーナスのミチノクさんはちょっと変ですから^^;
でも世間のライダーのレベルの低さには驚かされます
あんな状態であのモンスターに乗るんだから命削りますね、、
俺は今の技術ではDRZかシルバーウイングが良いところです。。
まっきい
2006年03月20日 10:30
土曜日はありがとうございました。
服装も釣りに来た人みたいだったので、気が付きませんでしたm(__)m
たぶんコーナーですれ違ったり、後ろを走らないといつものオーラが見えませんでした。。
道が込んでいて、ちょっとしかいつもの走りを見れませんでしたが、周遊にいたR1よりも速かったことは確かです・・

この記事へのトラックバック

  • 奥多摩湖

    Excerpt: 奥多摩湖奥多摩湖(おくたまこ)は小河内貯水池(おごうちちょすいち)ともいい、東京都西多摩郡奥多摩町と山梨県北都留郡丹波山村、同県同郡小菅村にまたがる東京都水道局の人造湖である。1957年(昭和32年).. Weblog: 日本観光地ガイド racked: 2006-04-03 12:33