すり減ったタイヤ

前回のツーリングで既にサイドもセンターもスリップサインが完全に出てしまった
リヤタイヤ、そんなタイヤで少し濡れた路面もある峠に行ってきました。
絶対に転んではイケナイ!!峠でいかに安定したまま速く走るか!
DRZの場合、足回りの余裕から大きく崩れる事は無いけど
強烈なエンブレとアクセル開け始めの強烈なトルクは簡単にリヤタイヤを
滑らせようとしてきます。
ブレーキングから進入時フロントを軸に進入時のリヤタイヤの滑りを
必要最小限に抑えます。ここで大きく滑らせたらお終いです。
何時もより少な目のバンク角でリヤタイヤの滑る量を抑えながら
何時ものバンクよりスライドを利用した初期の向き変えになっています。
起こしたままなので、そのままアクセルオンと同時に、これもまた
何時もよりスライド量の多い立ち上がりです。 
必要以上のサスのストロークは抑え、タイヤのトラクションも安定する方向の走りです。
・・・・・なんちゃって^^;・・・希望的観測で想像上のマシンの動きを書いてみました^^;
本人は怖いので寝かせられない、、、怖い怖い状態の走りでして
見た目にも分からない位のスライドでしかなんですよね~^^;
まあこうなって欲しいマシンの動きですかね!
そう言えば昨夜マフラー「Q2」が届いたので今夜辺りも走りに行こうと思ってます。
ますます減ってしまうがな(:_;)
溝のまったく無いリヤタイヤで走る事になりそうな中井練習会・・・ちょっと怖い。。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック