雨の中のCB1300SF

昨日は大崎署の講習会に行ってきました。
我々ジムカーナライダーを温かく迎えてくれる講習会であるので
失礼のないように気を引き締めて行ってきました。
マシンは場に合っているだろうCB1300SFを選択。
会場ではゲストとして紹介してもらい「かなり恥ずかしい^_^;」
普段は会えないような方たちと走ってきました。

午前中はドライの中走れました。
タイヤは中部ダンロップで滅茶苦茶滑ってしまったリヤタイヤ、、スポーツマックスを諦め
003の3分山を履かせて行きました。
バンキングから加速まで全く不安を感じる事無く気持ち良く練習することができました。

そして午後は昼から降り出した雨でウエット路面になってしまいました(;_;)

CB1300の太ーいトルクでウエットはかなり大変かな~と思ったのですが
003はドライのスポーツマックスより安心してウエットを走れてしまうと言う
とんでもない事を確認してしまいながら^_^;
また、アクセルコントロールで自由自在にトルクを引き出せる素晴らしいエンジンにも助けられて
とても良い練習をする事ができました。
この先、上手くなりたい人達と触れ合い、走り始めた頃の自分と照らし合わせ
新鮮な気持ちで会場を後にする事ができました。

12月も大崎はあると言う事なので、時間の都合さえ合ったら
またお邪魔したいと思っています。

次はドライで一日走りたいな~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たけ(赤ほね)
2008年11月12日 23:26
スポーツマックスの進化により来シーズンまたダンロップで参戦するべき、
オフシーズンは、209GPで、ダンロップタイヤに慣れようとしてましたが、まだダンロップタイヤは開発途上なのでしょうか?
それともスポーツマックスが、209GPよりジム向きではないのでしょうか?
ぶん田
2008年11月13日 08:09
ダンロップのタイヤはまだまだ開発途中です!
基本コンセプトは良いのですが、ゴムの選択や
開発。それに見合ったケース剛性がジムカーナには合っていない状況です。
自分としてもダンロップを履きたいのですが
今の状況では厳しいですね~

この記事へのトラックバック