2019ダンロップ杯第1戦

マシンの状態もこの段階としてはまずまずだったので、上位入賞を目指して行ったダンロップ第1戦

1ヒート目は部分的に濡れている所が残っている状況。。
ほぼドライと言っても良い感じだったけど、やはり無理は出来ない。。
そんなせめぎ合いの中スタート。
何と最初のパイロン2本を倒してしまう( ;∀;)

その後はペナなく完走。。
生タイムは全体の2番手。。  上出来です。


2ヒート目。
完全ドライになったので、これは攻めるしかありません。
まだまだ自分の物にはなり切っていないマシンだけど
精一杯の走りで最後の回転まで大きなミスなく来れたのに! 来れたのに。。
なんと最後の回転で転倒。。。余りにも残念過ぎる両ヒートとも真面なタイムを出せないと言う
情けない初戦になってしまいました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック