ホンダ CRF250L「M]用SSBフットガード

今回はホンダのCRF250L[M]用SSBフットガードを制作しました。
この車両は思った以上に苦労をしてしまいました。

良い位置にしようとすると、フェンダーに干渉したり。
強度を出す為の後ろのパイプをメインフレーム側に付けると
フレームがタンク面より出ているために走行中、金具やボルトで
ウエアーを破いてしまう可能性も大きい。
下側に目をやると、SSBを取り付けてしまうとオイル交換の邪魔になってしまう、

全体にボルト位置がバンパーを付けるには微妙な位置関係でした。

そこで時間をかけて考えた結論として、エンジンハンガーボルトを利用する事としたのですが
アルミカラーが長くなってしまう事で強度が出ない。。
そこで考え出したのが、アルミカラーにジュラコンの台座を埋め込んだ特殊なアルミカラーを開発しました。

IMG_3794.JPG

これは埋め込んだジュラコンの台座がエンジンに接触する事で押された時の強度を確保する事を目的としてます。
IMG_3792.JPG

そして出来上がりました。
IMG_3783.JPGIMG_3784.JPGIMG_3787.JPG

後ろへ行くパイプは出来る限り押す角度が鋭角にならない様に曲げる事で少しでも強度が上がる様に工夫しました。

シルエットも良い感じに仕上がりました。 

この記事へのコメント