ダンロップ第2戦 

晴天の中ダンロップ杯第2戦が開催されました。
猛暑でお年寄りには辛い気温でしたが、無事に走る事が出来ました(笑)

今回のコースは全体にスラロームチックで楽しそうだな~~って思いながらコースウォークしてました。
久し振りの筑波でドライ路面のアタックと言う事で1ヒート目は少し抑えながらのアタックです。


この動画で思う事はこの3年間位目標としていた走りが段々と体に馴染んできて、自分で見ていて良い走りになってきたな~
と思う事と、走りと相まってマシンの挙動が安定してきたな~と言う所でしょう。
全てがスムースに動いているイメージです。


1ヒート目を終えて思った事は、このコースはマシンの旋回性とエンジンのパンチ力が勝敗を分けそうだな~と言う所。
2ヒート目に向けて改善しなければならないのはエンジンだろうと言う事で、自主規制して入れていたインナーバッフルを外しました。
実際にはスタッフにも他の人にも煩くないよ!大丈夫、と言われていたのですが、自主規制して抑えてました。

そして更にコーナーリングスピードを上げてタイムを狙いに行くつもりでアタックしました。


ミスは幾つかしたのと、一瞬頭の中が白くなってコースを見失いかけた事がダメでしたが
全体的には良いアタックが出来たのではないでしょうか?
エンジンもバッフルを外す事で全体に伸びるし、扱い易さもこちらが上です。
ライトもウインカーも付けて走る事は重量的にはとてもマイナス。。「カウルも付いてますからね」
でも軽量化をしまくった上級者の車両の中で、十分アピールは出来ているのではないか?と思って個人的に満足してます。

リザルトを見て思う事、、上位10台中8台が2STエンジンの車両で、1台はNSRのフレームにCRFの超軽量レーサーエンジンを積んでしまった
車両と言う事。 軽さを求めながらパンチのあるエンジンを積んだ車両が上位を独占したダンロップ第2戦だったと言う結論で良いと思います。

そんな中で現行モデルのニンジャ400が総合2位に食い込めている事は十分胸を張って良いと思ってます。
さらにニンジャのポテンシャルは高いな~と改めて思います。このマシンを選んで良かった。

今週末は九州ダンロップ杯に参加の予定です。 今回の総合1~3位が参戦と言う事でまた楽しいレースになりそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント