中井ジムカーナスクール

今回、中井サーキットでジムカーナスクールをみっちー主催で行いました。
初心者&C2までが対象のスクールでしたが、午前中は
8の字の担当でインストラクターをしました。
そこで初心者の走りを観察していて、思い付いた事がありました。
初心者の走りの特徴は全体に速度が遅く、微妙なアクセルワークの中で走っているという事です。
言い換えると一本橋を渡る様に走っているんです。
それに比べC2選手の走りは速度が速くメリハリがあるんです。
8の字への進入スピードが速く、そのスピードを利用して惰性で8の字真ん中位まで
ブレーキを掛けながら入ります、そこからアクセルONで加速。
その加速も開けっぷりがいいので安定感があります。
つまり初心者はアクセルの開けが悪いのでスピードが乗らず、そのスピードを
利用しないので旋回初期からアクセルでバランスをとって曲ってる。
でもアクセルも上手くないのでギクシャクして上手く曲れない・・・・そんな感じなんですね。
分かっていた様で教える時には触れずにいた所。
もっと進入速度を上げよう!
その一言は初心者にはプレッシャーなんだけど
ちょっと速度を上げるだけで安定感が増すんです。
その感覚を身に着けるにはタンデム8の字も悪くないのかな?
そんな感触のスクール初日でした。

"中井ジムカーナスクール" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント