ZRXのセッティングとJAGE杯 

JAGEカップ09年シーズンの最終戦になる第4戦に参戦してきました。

画像


本来なら3戦まで出ていたDRZ400で出場するのが筋だとは思ったのですが
ZRXで出たい気持ちがどうしても抑えられず、また皆さんに暖かい応援を頂き
思い切って出る事に決めました。

ZRXは1100に乗っていた事があるので、ある程度はセッティングの方向性はわかっていたので
それをベースにパーツを組み上げ、3回の練習会で出来る限りのセッティングを施し挑みました!

1100と大きく違ったのは、リヤのピポット位置の違いからくる車体全体のフィーリング
それに大きく影響を受けているのか? 考えていた以上にフロントへの入力が大きく
最初に入れた0.9kgのスプリングでは簡単に底突きしてしまった事。

底突きを解消する為に1.0kgのスプリングに変更して、油面も標準に戻して
前日のあべ練にて微調整。
そのままJAGE杯に出場という段取りになりました。

そんな簡易的なセッティングだったけど、予想以上に乗り易く
慣れ切っていないライダーには優しく受け入れてくれるマシンになりました。

実際に本番で走ってみると、高加重時の旋回性の悪さや、スラロームなどで
ヘッド位置が上がってきてしまう事など、まだまだ改良の必要性はあるものの
ライダーが頑張れば良い結果も得られそうな雰囲気はありました。

1ヒート目は思いっきり力が入ってしまい、悪い部分もあったものの
SB2位で2ヒート目に繋げる事が出来ました。

2ヒート目、今度は力を抜いて走る事を意識して出走!
大きく悪い所は無かったものの、全体の勢いが足らなかったのかな?
思ったより伸びずにSB3位で最終戦を終える事となりました。

今回の走行フィーリングから、既に幾つかの方向性を考えてますが
ダンロップ第1戦まであと3ヶ月! 思い切って走れる仕様にして
笑顔で楽しく走りたいと思います。

それにしてもやっぱりジムカーナはビックバイクですね~
走っている時の充実感は最高の一言でした。


"ZRXのセッティングとJAGE杯 " へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント