フルコンの投入

ニンジャに乗り始めて2年経ちますが、競技で使い続けていると言う事で、昨年の後半に鈴鹿山崎ポーティングの伊野さんに
エンジンのオーバーホールとファインチューニングをして頂きました。
エンジンの中身は全く変えてませんので基本的にはノーマルエンジンです。

ノーマルとは言っても凄い人が組むと凄いエンジンになるんです。
IMG_0935.JPG

一つ一つのパーツを丁寧に仕上げて組み上げたエンジンはとてもスムースでピックアップが良い気持ちの良いエンジンへと変わりました。
ダンロップ杯はこのエンジンで出たのですが、ECUはノーマルを使ってかなり大まかにセットアップを合わせて使用しておりました。

シーズンも終了したので、このエンジンのポテンシャルを全て引き出してやろうと言う事でARACERと言うフルコンを投入しました。
ARACER.jpg

最初はこのシステムの内容を理解する事から始まります。
何度も何度も触っては走って、触っては走って。。とにかく毎日が勉強です。

初期設定のマップでも十分パワーは上がっていると感じたんですが、どうにも扱い難い。
シーズンインまでにタイムが出せる様になれば十分なので、
今はタイムよりもエンジンとフルコンの理解度を深める事に集中しています。
根気と集中が必要な作業ですが、少しづつ少しづつ理解度が上がってきてます。
昔々サスペンションの事を理解して行った時の事を思い出します。

きっと、1年や2年では本当の所へはたどり着けないと思いますが、
当面はニンジャのポテンシャルを最大限に発揮できる作業をしていきたいと思います。
きっとその先にはいろんな制御を理解して、お客様のマシン作りにも力を貸せる事が出来るようになるかもしれません。

練習会では無口で作業を繰り返してますが、怒っている訳ではありませんのでご了承ください(笑)





"フルコンの投入" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント